IYO FACTORY GUIDANCE
18/24

セキは平成14年にプライバシーマークを取得し、お客さまの大切な個人情報を厳格かつ適切に取り扱う体制を構築しました。伊予工場では、昨今急増する機密性の高い案件に備えて、警備会社と連携するセキュリティルームを設置し、厳しい入室管理体制のもと定められた手順にしたがって作業を行っています。個人情報を含む案件はもちろん、試験問題等の機密案件、選挙関連等の重要案件、流出厳禁の金券類など、安心してセキに任せていただける体制を整えています。また、情報セキュリティ委員会を設置しており、会社全体でセキュリティ体制の運用強化を行っています。高セキュリティによる管理体制社員一人ひとりが業務に関して常に問題意識を持ち、明らかになった課題を改善する「改善提案プログラム」を展開しています。毎年全社で約1,600件の改善が実施され、多くの成果に結び付いています。改善提案プログラム人事評価システムとして「OGISMA-SAPS」を導入しています。社員全員が年間目標を掲げ、それを週単位の行動計画に落とし込み、週次でのPDCAサイクルを展開しています。目標管理システム社員自らが見つけた課題を解決する「プロジェクト活動」が数多く展開されています。部門横断で継続的に活動を行うことで、事故未然防止、生産性向上、コストダウンなどにつながっています。〔 主なプロジェクト活動 〕  ● 事故撲滅プロジェクト      ● 5S推進プロジェクト      ● 予防保全活動推進プロジェクト  ● 採算改善プロジェクト      ● 人材育成プロジェクト      ● 職場環境改善プロジェクト     などプロジェクト活動マイスター制度とは、お客さまに満足・信頼していただける品質を保証するために、伊予工場が独自に展開している社内資格制度です。人材育成の一環として、オペレーションスキルの向上やマシン構造・メンテナンス業務に関する知識の習得を目指し、印刷に関わる一般問題・専門知識の筆記試験、実際に機械を使用しての実技試験が行われています。これらの厳しい試験に合格し「プロ」として認められた機長の手によって、確かな品質を約束された製品が作られます。マイスター制度自ら成長し続ける仕組み品質保証にこだわり前進し続けるためには“人の力”が必要不可欠です。伊予工場では、社員自ら成長し続ける仕組みを構築し、ものづくりのプロとしての人間力・組織力向上に努めています。13QUALITY ASSURANCE

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る