沿革

創業当初 (明治41年)

「セキ株式会社」は、初代関定により「関和洋紙店」として創業しました。地場産業の活性化に、少しでも貢献したいという気持ちから郷土の手漉き和紙の販売と併せて、拡販先の大阪から仕入れた機械漉きの洋紙を販売していました。

関洋紙店印刷所(大正4年)

経営危機の印刷会社から事業を引き継ぎ、松山市萱町にて印刷業を開始。

昭和20年代の活版工場

戦後復員した仲間とともに、焼失からの再建に向けて歩みを続けました。

旧社屋(昭和24年)

空襲により、一度は焼失。現住所に社屋と印刷機が移され、㈱関印刷所を設立。

1908年(明治41年)7月創業。創立者関定(故人)が和洋紙販売店を設立。
1915年(大正4年)関洋紙店印刷所を設立。
1945年(昭和20年)7月戦災により焼失。
1946年(昭和21年)6月終戦後直ちに復興、操業開始。
1949年(昭和24年)3月株式会社関印刷所を設立。個人事業であった関洋紙店印刷所の事業の全てを継承。
1952年(昭和27年)5月株式会社関洋紙店印刷所に商号変更。
1966年(昭和41年)10月高知県進出の拠点として高知出張所(現高知営業所)を開設。
1967年(昭和42年)11月香川県進出の拠点として高松出張所(現高松支店)を開設。
1971年(昭和46年)4月関東地域の販路拡張を目的として、東京出張所(現東京本社)を開設。
1972年(昭和47年)5月関興産株式会社を設立。
1973年(昭和48年)7月愛媛県松山市竹原町に竹原工場を新設。紙器印刷、製本工程の充実、生産性の向上を図る。
1975年(昭和50年)4月株式会社エス・ピー・シーを設立。月刊誌「タウン情報まつやま」を創刊、出版・広告代理事業に進出。
1978年(昭和53年)4月コープ印刷株式会社を設立し、愛媛県内農協関係への営業活動を強化。
1984年(昭和59年)10月CIプログラム導入。
1986年(昭和61年)4月セキ株式会社に商号変更。
1989年(平成元年)8月東海地域の販路拡張を目的として、名古屋出張所(現名古屋営業所)を開設。
1990年(平成2年)5月愛媛県伊予市に伊予工場を新設。印刷の前工程を本社工場、印刷及び加工業務を伊予工場に集約。
1996年(平成8年)3月カタログ通信販売事業を目的として、有限会社こづつみ倶楽部を設立。
1997年(平成9年)1月地域貢献事業の一環として、セキ美術館を開館。
2000年(平成12年)3月日本証券業協会に株式店頭登録。
2001年(平成13年)1月全社においてISO9002の認証を取得。
5月本社新社屋が落成し、プリプレス部門のフルデジタル化ラインが完成。
2002年(平成14年)2月「プライバシーマーク」の認証を全社で取得、個人情報保護体制の確立。
2月伊予工場において、ISO14001の認証を取得。
2004年(平成16年)9月関西地域の販路拡張を目的として、大阪出張所(現大阪支店)を開設。
12月ジャスダック証券取引所上場。
2005年(平成17年)1月東京支店(現東京本社)を渋谷区代々木へ拡張移転。
5月「FSC認証紙」を取り扱うための紙の加工流通過程での管理認証であるCOC認証を取得。
2008年(平成20年)4月広島県尾道市に(株)読売新聞大阪本社との合弁会社「メディアプレス瀬戸内(株)」を設立し、新聞印刷事業に参入。
5月大阪支店を淀川区西中島へ拡張移転。
2010年(平成22年)1月伊予工場において、ISO9001に替わるセキ独自の品質保証システム「IOIシステム」を導入。
4月松山・東京の二本社制となる。
10月大阪証券取引所上場。
2013年(平成25年)3月伊予工場において、環境貢献を目的とした太陽光発電を開始。
7月東京証券取引所上場。
2014年(平成26年)5月名古屋営業所を中区錦へ拡張移転。
2015年(平成27年) 1月 伊予工場において、四国初となるJapan Color標準印刷認証を取得。
5月 紙器加工の有限会社渡部紙工を子会社化。
10月 関西圏における商圏拡大を目的として、株式会社ユニマック・アド(大阪)を子会社化。
2016年(平成28年) 3月 伊予工場において、Japan Colorマッチング認証、プルーフ運用認証を取得。
2017年(平成29年) 1月 日本政策投資銀行によるDBJ環境格付を取得。
10月 愛媛県伊予市にSEKI BLUE FACTORYを新設。水性フレキソ印刷事業に進出。
2018年(平成30年) 1月 労働者派遣事業許可(派38-300159)
ページの先頭へ